ワイマックスに関する情報ページ

各社プロバイダの違いを分かりやすく解説したロゴ

「WiMAXが速度制限にならずに快適にインターネットを使えるプロバイダがある!?」

WiMAXプロバイダの違いは料金だけでなく、速度制限などに関係する違いもあります。
しかしどこにどう違いがあるのか見極めるのはなかなか難しいですよね?

実際、WiMAX各プロバイダにはほとんど同じ部分もあれば、細かい所で違いがある部分もあり、WiMAXプロバイダの違いは複雑です。 ですのでこのページでは、WiMAXプロバイダの知られざる違いを徹底的に解説していきたいと思います。

WiMAX各プロバイダのオプションやキャンペーンなどの違いを理解し、
後悔しないプロバイダ選びをしましょう!





知らないと損する?キャンペーンの違いと選び方


キャッシュバックと割引のキャンペーンはどこが違うのか?という画像

まずは、気になるWiMAX各プロバイダのキャンペーンの違いについて説明します。

このキャンペーンですが、
数万円もお得になる場合もあれば、キャンペーンを利用できない可能性もあります。
そこで注意したいのがWiMAX各プロバイダの「キャッシュバック型と割引型の違い」

キャッシュバック型とは、よく見る3万円キャッシュバック!などの、契約後に現金で戻ってくるキャンペーンを指します。

割引型とは、月額料金などから割り引かれるタイプのキャンペーンです。

では、これら2つのキャンペーンのメリットとデメリットの違いを見てみましょう。

【キャッシュバック型】

     【メリット】
  • 現金でもらえ、さらに高額
  •  
  • 割引も併用して行っているプロバイダが多い(初月無料など)
  •  
  • 満期までの利用で、総合的に割引型より安いケースが多い。

      【デメリット】
  • 口座に振り込まれるのが約一年後と遅め
  • キャッシュバックがもらえない可能性あり

デメリットのキャッシュバックがもらえない可能性があるということについてさらに詳しく説明したいと思います。

これは、約11ヶ月後に送られてくるキャッシュバック申し込みのためのメールがプロバイダからの大量の広告メールに紛れていて、見つけづらいというが理由です。 キャッシュバックのことを忘れていて、気づいた時には遅かったという方も少なくありません。

【割引型】

【メリット】
  • キャンペーンの受け忘れということがない。
  • 手続きがないので楽。

【デメリット】
  • 割引金額がキャッシュバック金額より安い。
  • 総合的に見てキャッシュバック型より料金が高くなることが多い


以上の違いから、「面倒くさい手続きはいやだ。リスクなくキャンペーンを利用したい」等の方には、基本的に割引型のWiMAXプロバイダがおすすめ。安心してWiMAXを利用することができます。

逆に、「金銭面を重視し、必ずキャッシュバックをもらう」とお思いの方はキャッシュバック型のWiMAXプロバイダがおすすめ。キャンペーンの恩恵を受けることができれば、WiMAXをお得に利用できることは間違いないでしょう。

料金重視の方はキャッシュバック、手軽さ重視の方は割引という画像



WiMAX各プロバイダのキャンペーンの違いを理解し、自分に合ったもの選んで、
キャンペーンの恩恵を最大限に受け取りましょう!


>意外と重要な各プロバイダのオプションとは!?


これまで主なWiMAX各プロパイダのキャンペーンの違いについて説明しましたが、
キャッシュバックや割引以外にも、オプションなどが無料になるキャンペーンもあります。

携帯電話を契約するときに追加オプションで故障対応サービス等があると思いますが、WiMAXにおいても、プロバイダによって同じようなオプションがあります。

それではWiMAX各プロバイダのオプションの違いについて見ていきましょう。



【WiMAXプロバイダ オプションの違い】
WiMAXプロバイダ セキュリティソフトの違い 端末保証の違い その他の違い
So-net 端末保証のサービスに窓割れなどの生活トラブルの応急処置が含まれている
BIGLOBE × 無料のメールサービス
BroadWiMAX セキュリティ保証サービスに含まれている(メール、年中無休の電子機器トラブルへの対応)
GMOとくとくBB × 端末保証が2種類あり、上位版はみずぬれにも対応。有料の公衆無線LANあり
UQWiMAX 紛失対応、無料公衆無線LANなど

オプションの違いについての表の中で、重要なのが端末保証。

2年契約だと、ルーター(端末)が故障する可能性も出てきます。特にWiMAXは持ち運ぶことが多いので、故障や水に濡れてしまうケースが少なくありません。

WiMAXは端末保証をつけないと、修理費がかかったり、最悪の場合端末代を払わなければいけなくなることもあります。(端末代は約2万円)

プロバイダによっては、キャンペーンで一定期間WiMAXのオプションが無料になるケースもあるので、よく携帯などを故障するという方は、検討してみてください。

また、違いについての表にあるようにUQWiMAXではUQの公衆無線LANを無料で使うことができます。(とくとくBBでも有料で使用可)公衆無線LANを使った場合、WiMAXが通信制限にかかっていても快適にインターネットを利用可能です。更に、この公衆無線LANには通信制限がありません。

注意点としては、公衆無線LANはどこにでも飛んでいるわけではない、ということです

しかし、公衆無線LANとWiMAXを組み合わせれば、
快適なインターネットを実質無制限に利用できることは間違いないでしょう。

UQコミュニケーションズはWiMAXもWi-Fiも使えるという画像

以上でプロバイダのオプションの違いについて見てまいりましたが、
WiMAXのプロバイダ選びの際に、これらオプションの違いについても考えると良いでしょう!



WiMAXは最初が肝心!支払いと配達について!


これまで各プロバイダのキャンペーンの違いや、オプションの違い等、契約した後に関係する違いについて見てまいりました。ここでは、そもそもの契約時の支払い、その後のWiMAX端末の配達などについて各プロバイダの違いを見ていきたいと思います。

まずは、WiMAXの支払い方法について。

WiMAXのプロバイダはクレジットカード払いが基本です。
そこでクレジットカードを持っていないと言う方には「口座振替可能」という条件が必須になります。

口座振替可能なプロバイダが次の4社。
  • BIGLOBE
  • UQWiMAX
  • nifty
  • Broad WiMAX
口座振替の場合は、振替手数料が毎月200円ほどかかってしまいます。
またBroadWiMAXは口座振替ではキャンペーンが利用できないので、注意が必要です。

そしてもう一点、
口座振替には審査があるため契約に時間が掛かる、という注意点があります。そのため、お申し込みからWiMAX受け取りまで、最短でも1〜2週間は掛かるとお考えください。

逆にクレジットカードでの支払いの場合、審査はありません。
ですので配送の速さは各プロバイダによって違います。

早速クレジットで申し込んだ場合の各プロバイダの配送状況の違いを見てみましょう。

【WiMAXのプロバイダ各社配送状況の違い】
WiMAXプロバイダ 申し込みから発送まで
<So-netのロゴ> 3日〜7日ほどで発送
<とくとくBBのロゴ> 2日〜で発送
<BroadWiMAXのロゴ> 平日夕方4時まで、土日祝日午後1時まで、当日発送
<BIGLOBEのロゴ> 2〜7日で発送
<niftyのロゴ> 4日〜で発送
<UQコミュニケーションズ> 最短で即日発送
上記の違いから、特に早く使いたいという方は、UQWiMAXかBroadWiMAXがおすすめです。

初月無料などのキャンペーンがある場合はniftyを除いて端末到着月が無料になるので(niftyは発送月)、月の始まりに届くようにする等、お得に利用しましょう!


これまでWiMAXプロバイダ契約前に知っておくべき様々な違いについて説明しましたが、いかがでしたでしょうか?

WiMAXプロバイダの違いのポイントを抑え、納得のいくプロバイダ選びをしましょう!!