ユーキューの屋内の電波改善について

UQWiMAXの宅内アンテナについて


通信速度、ポケットWi-Fi史上最速440MbpsのUQWiMAX!

そんなUQWiMAXですが屋内で電波が悪くなってしまうという口コミも。どんなに最高速度が速くとも、屋内で使えないのでは意味がありませんよね。

そんな口コミを受けて、UQWiMAXが宅内アンテナの提供を開始!なんとこのUQWiMAXの宅内アンテナ、初期費用も月額料金も無料です。

ですので、このページではそんなUQWiMAXの宅内アンテナについての特徴から設置するための条件、手軽に電波を良くする方法など、屋内でWiMAXを快適に使用するための必須知識について一緒に見てまいりましょう!



UQWiMAXの宅内アンテナ特徴まとめ!

宅内アンテナの画像


確実に屋内での電波干渉問題を解決する為に2017年1月30日にUQWiMAXから『UQ 宅内アンテナ』という機器が登場しました。

簡単にいうと宅内に専用アンテナをおいて電波の悪い地域の電波改善をおこなうものです。UQWiMAX社のWEBサイトでは、『自宅に設置するタイプの小型基地局』と記載してあるので、若干大げさに感じますがこれであれば間違いなく電波干渉の問題は改善されるとの事です。

UQWiMAX宅内アンテナ
初期費用・工事費 無料
月額利用料 無料
契約解除の違約金等 なし
最低利用期間 なし

概要をみても初期費用、工事費用、月額料金までもが無料!そしてモバイルネット回線特有の解約違約金や最低利用期間もなし。すべてにおいていい事尽くしに聞こえます。これなら電波が悪くない環境でも、無料なら自宅用に一つついでで置いとこうかなという気になるものです。



『宅内アンテナ』の提供条件を見ると意外な事実が・・・

上記の概要を見る限り、この度UQWiMAX社から提供が開始されたUQ 宅内アンテナは別に電波環境の悪くない場所でも保険的に導入しておくのが良いかと思われます。

UQWiMAX社のWEBサイトで詳細を見ていきますと、『UQ宅内アンテナは、「auひかり」「auひかり ちゅら」の契約があるご家庭でご利用いただけます。』と記載されています。

「UQWiMAXなのにauひかり・・・?」

auひかりといえばKDDIの固定光回線のはずですよね。なぜ、宅内アンテナの設置にUQWiMAX社でもない他社の固定回線の契約をする必要があるのでしょうか?

実は、この度のUQ宅内アンテナはUQWiMAXの基地局と宅内アンテナを『auひかり』の固定回線を通じて繋ぎ、UQ宅内アンテナを小型の基地局にするというものなのです。

宅内アンテナの仕組み

引用:UQWiMAX公式サイト (http://www.uqwimax.jp/annai/news_release/201701301.html)

これがUQWiMAXが『小型基地局』と宣伝していた理由なのですね。

基地局が増えるのはユーザーとUQWiMAX社双方にとってメリットのようですが、宅内アンテナを設置するの為にユーザーはauひかりに契約をする必要があるので、ユーザー側のメリットはたいしてあるようには見えません。一番得するのはUQWiMAX社だけなのです。

すでに固定回線を何かしら契約している方の場合は、UQ宅内アンテナの為に契約をauに切り替える必要がある為面倒な事ばかり、せめて既存で契約している固定回線がauひかりの代わりに使えれば、まだメリットはあるかもしれないのですが、それも無理なのでいい事は何もないのです。

基地局を増やすという事は近隣からのトラフィック問題も

今回のUQ宅内アンテナの仕組みはauひかり回線を使用して自宅を小型基地局化するものです。基地局という事はUQWiMAXユーザーであれば誰でも使う事は可能という事。

住宅街などでは隣近所の方も電波を拾え繋ぐ事ができるという事です。 自宅の隣がもしカフェであった場合は不特定多数の方が自宅の基地局をつなぐ事になります。そうなるとせっかく宅内アンテナを設置したのに速度低下の問題も新たに生じてしまうのです。

基地局といいながら3日制限あり

今回のUQ宅内アンテナは小型基地局だとUQWiMAX社もうたっていますが、実はWiMAXルーター同様3日10ギガという3日速度制限がかかってきます。

これでは、自宅ではWiMAXを使わず固定回線を契約し無線LANルーターをつけるほうが良いのでは?。置き型ホームルーターで通信速度制限を設ける会社なんてUQWiMAX社ぐらいでしょうか。

WiMAXルーターは外で使用、電話が悪い自宅では固定回線の無線LANを使用するというのが無難です。UQWiMAX社でわざわざ宅内アンテナをつける理由がみつかりません。



受信感度を手軽に良くするおすすめの方法とは!?

ここまでの話でこの度のUQWiMAX UQ宅内アンテナは使うには値しないという結論にいたります。では、根本的にUQWiMAXの電波が悪い環境で受信感度を改善する方法はないのでしょうか?最後に面倒な契約や手続きもなしに受信感度を上げる方法をご紹介します。

クレードルの使用で受信感度をアップ

新しく発売されたWiMAXルーターWX03では、屋内での受信感度を良くするクレードルが登場致しました!クレードルとはWiMAXルーターの置き型スタンドのようなもので、このクレードルが外部アンテナの役割を果たすわけです。

また、充電器の役割も果たす為、自宅に帰ってきた際には常時クレードルにルーターを置いておくと、充電も出来、見た目的にもすっきりと収まる為WiMAXルーターをどこにおいたか分からなくなってしまうという事もありません。

電波を良くするクレードルの画像


上記のイラストがUQWiMAXのWX03ルーターです。このWX03の専用クレードルは従来のクレードルよりもパワーアップした『3直高偏波アンテナ』というアンテナを装備している為、受信感度の強さはより期待できます。

また、Speed Wi-Fi NEXT WX03はUQWiMAX社の最新のルーターでもある為、最速の440Mbpsにも対応!さらに詳しくWX03ルーターについて知りりたい方は下記のページから御覧ください!

WiMAXのWX03ルーター詳細はこちら!